読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kirikkoblog

日々のことと、ときどき旅行

野菜の焼きびたし

家ごはん

ねっとり甘い冬の蓮根を惜しむ

毎日寒すぎます。冬将軍よ、もう今年はこの辺にして、国に帰ってもらえないだろうか。

厳しい寒さの中でも、スーパーの野菜売り場には春のものが少しずつ出てきました。冬のねっとりとした加賀蓮根の名残を惜しみながら、野菜の焼き浸しを作ります。油でじっくり焼き揚げにした蓮根は、むっちりと甘くて大好きです。

<材料>
・好きな野菜(蓮根、にんじん、エリンギ。他、ピーマン、パプリカ、いんげん等)   …好きなだけ

・にんにく …ひとかけら

・オリーブオイル

<ひたし液>
白だし、塩、醤油

フライパンにオリーブオイルを多めにひいて、薄切りにしたにんにくをきつね色になるまで揚げます。

f:id:kirikkoblog:20170124224531j:image

にんにくに火を通す間に野菜を切ります。れんこんは5mm厚さくらいに切って酢水につけます。にんじんは5mm厚さに、エリンギは半分の長さに切って4枚に、ピーマンとパプリカはワタや種を取って一口大に。いんげんは両端を切ります。

にんにくは色づいたら取り出して、ひたし液に入れます。

にんにくを取り出した後の油で、野菜を焼きます。火は中弱火でじっくり。結構時間がかかるので、のんびりやります。

野菜を焼く間にひたし液を作ります。白だしを水で薄めて、塩ひとつまみ、醤油はちょろっとです。味見をして、飲んでおいしいくらいの濃さにします。白だしはいくつか使ったけれど、なんだか創味に戻ってきてしまう。

創味 創味の白だし 白醤油仕立て 500ml

創味 創味の白だし 白醤油仕立て 500ml

 

焼けた野菜から、フライパンの上で油を切ってひたし液に放り込んでいきます。

f:id:kirikkoblog:20170124225830p:plain

全部の野菜が焼け、漬けられたら完成。

f:id:kirikkoblog:20170124225930p:plain

アツアツの野菜がひたし液の中で冷める時に出汁を吸うので、そんなに漬け込まなくても充分おいしい。にんにくの香りがよく、野菜だけでも立派なおかずになります。

彩りよく作ればおもてなしや持ち寄りにも。私は多めに作って常備菜にします。

f:id:kirikkoblog:20170124230113p:plain

野菜は季節によって変えます。夏は皮をむいたナスや、ミニトマトもいいですね。

この日の夕食は、野菜の焼きびたし、さんま塩焼き、厚揚げ、かき玉汁でした。